2005年07月02日

夜明けのためのひとりゲーム

主人公目当てで新しい光国人の物語を朝から見る。
内容しては原点回帰なんでしょうか?
主人公役の青山草太氏、今まで大人しい役しかやった事無いはずなので、こういう感じの役はちょっと不安だけどなぁ。
ともかく頑張れ青山草太。見るのが舞台じゃなくてテレビになったけどそれでも応援するぞ。

それはさておき絢爛話。
料理人プレイだけど、芝村戦記で知恵者が寿司食べてるってのもあったから、寿司も作れるのかな?
その場合、寿司だけ作る寿司職人も捨てがたい……。
そして出撃時は「オラオラカモーン!燃えるぜバーニング!」と叫びながらRBで敵を蹂躙していくのもありかなぁ。
(別名「テニスの王子様河村隆編成」)

それはさておき、前向きかつ間違った方向で絢爛を楽しむためのひとりゲームを考えてみる。

「絢爛ライフに必要なものを調達せよ!ver0.5」
【ゲーム内容】
1、絢爛舞踏祭を遊んでいる時にあると便利かもしれない物をリストアップ。
2、リストに書き込んでいるものを発売日直前に様々な手段を用い調達し、ゲーム開始とともに消費開始。
【制限】
絢爛舞踏祭関連のグッズ・攻略本の類はカウントに入れない。
【敗北条件】
実際使ってみて『これは使えねぇ』と思わされたものを調達していれば負け。

そして、以下は自分リスト。

・PS2メモリーカード
ぶっちゃけ、足りないので購入。
・DVD-RW
プレイ時の動画やテキストをそのまま録画保存しパソコンでチェックするために使用。
ちなみにGPM時代はノートとビデオだった。文明は地味に進み続けていると実感。
・冷凍ご飯
ゲームに熱中すると米の炊き忘れが多くなるのでストックとして保存。
・きゅうり
簡単な食事だけだと食生活が偏るため、生野菜を摂取する事で体調を維持。
しかもゲームしながら食べれる。ゴミもでなくてエコロジー。
・ラベンダーのアロマミスト
精神安定の効果のあるラベンダーの香りを枕に忍ばせ、ゲームで疲れた身体を癒す。
・ボイルタコ
ゲーム開始時に行う宴会に使用。そのままで良し、焼いても良し。

うわ、リストアップしてみると意外に普通すぎた。
後は何処に買出し行くか考えないと。
posted by ぽんすけ at 11:35| 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。