2006年01月18日

神話まで駆け抜けろ。【その2】


地味にプレイ経過の続きを書いてみる。




【石田プレイ二週目・神話】

現在のメンバーは以下の通り。死亡者は出てません。

石田(偵察・ヒーロー)

谷口(砲撃・ヒロイン)

山口(砲撃・友人)

岩崎(突撃・仲間)

菅原(戦車・仲間)

横山(整備・級友)

吉田(整備・級友)

村田(整備・級友)

佐藤(整備・級友)




【一月中旬〜一月下旬】

ゲーム始めたら谷口が台所にいた。

ゲーム終了前に家に来てた事すっかり忘れてたので吹く。

大体ゲーム終了する辺りはプレイヤーである私の意識が朦朧としてる(むしろ朦朧としてるのでゲームを終わらせる)のであんまり覚えてない。ちょっと危険かも知れない。




最近の谷口は二日に一回は確実に「一緒に帰ろう」で石田の家に泊まる。

もはや彼は立派な住人である。家にいる事が当たり前の光景と化しつつある。

恋愛感情とかの前に単に自分の家に帰るのが嫌なのだろうか。まぁ可愛いので全て許すけど。

本日も弁当らしき物をゲット。

そろそろ一緒に生活の訓練しないとマズイような。今後もこのペースで家に来られる事を考えると絶対必要な気がする。

しかし、谷口がこれ以外の恋愛関係のコマンドを一切使わないのは何故だろう。 不思議。




菅原は相変わらず謝っても許してくれない。嫉妬大爆発からかれこれ一週間以上経っているのに。

彼女的には自分の一番好きな人間(石田)が自分の一番嫌いな人間(谷口)と付き合ってるのは許せないのかなぁ、やっぱり。

その影でこっそり横山との友情を温め、一枚絵を拝んでみたりもする。

一枚絵イベント発生直後、彼女に言われた事は「どうして谷口さんををいじめるんですか」。

いや、全然いじめてないんだが。むしろ家に押しかけまくる向こうの方がある種のいじ(以下略)




そんな中、戦闘開始。難易度は8。

撃墜数は7体。神話ストーリー進行に必要な銀剣には遠いけど、スキュラ落とせたので満足。

結果は大勝。ついに精鋭部隊になりました。




ただ、ミケと光輝号零式と烈火が廃棄処分に。おそらくスキュラのレーザー受けたからかも。

三台ともかなりチューンしてたんですが……げっそりしちゃう。(葉月さん風)

ミケと光輝号は替えがあるのでひとまずは良しとして、替えの無い烈火だけ陳情する事に。

砲撃の二台は無事。発言力が洒落にならないし、これが無いとまずスキュラが落とせない。大切に整備。

ついでに上級万翼長への昇進も陳情。今の状況じゃ発言力がいくらあっても足りない。(がっくり)




神話じゃなくて戦闘記録だったら泣きそうになってたかも……戦闘数少ない神話で良かった。

しばらくはいつも以上に電子妖精作る事に専念しないと。発言力消費押さえるために話も出来そうに無いかも。

posted by ぽんすけ at 15:54| GPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。